石原石材株式会社 石材加工・販売・補修のことなら、設計・施工・設置・管理まで一貫システムの《石原石材株式会社》へ、ぜひご相談ください。

 
石原石材株式会社
 
◆本 店◆
〒486-0812
愛知県春日井市大泉寺町字大池下443-300
TEL.0568-81-1261
FAX.0568-82-1857
 
◆名古屋支店◆
名古屋市緑区鶴が沢2丁目1019番地
(みどりが丘公園前)
TEL.052-877-1486
FAX.052-877-1682
 
◆豊明展示場◆
豊明市沓掛町皿池上18-529
(勅使墓園隣)
TEL.0562-85-7678
FAX.0562-85-7675
 
尾張旭支店
尾張旭市旭ヶ丘町山の手582
(旭平和墓園前)
TEL.0561-54-8581
qrcode.png
http://www.ishiharasekizai.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

免震・耐震対策

 

シリコーン材の特性

シリコーン材の特性
 
シリコーンは、安定した特性からさまざまな分野で利用されていますが、その理由の1つが、耐熱・耐寒性、耐候性です。
従来の有機ゴム(ウレタン材等)と比較した場合、格段に優れており、シリコーン材の使用温度範囲が-100℃~260℃にまで及んでいます。また、オゾン・湿気・薬品類に対しても優れた耐性を持っています。
   
耐熱、耐寒性 シリコーン材は-100℃~260℃の広い温度範囲で弾性対としての性質を保持できます。(従来、免震マットとして使われているウレタン材は-20℃~80℃が適用範囲とされ、屋内専用とされています。)
耐候性 一般の有機ゴム(ウレタン材等)は数年で劣化し溶解しますが、シリコーンは外観・物性的な変化はほとんど見受けられません。またオゾンの影響を受けた場合、有機ゴムは急速に劣化します。
耐水性 一般の有機ゴムは水分も劣化の一因であり溶解の原因になりますが、シリコーンは吸水率が低く、湿気による影響もほとんど受けません。
有害性 無味・無臭で毒性もありません。
圧縮復元性通常温度のみならず、他の有機ゴムが溶解し始める高温でも特に優れています。
難燃性一般の有機ゴムに比べ、燃えにくい性質を持っています。
耐久性半永久と言われるほどの耐久性です。シリコーン材が他の有機ゴムに取って代わって使われる大きな要因の1つです。
 

石原石材の耐震対策(オプションになります)

石原石材の耐震対策(オプションになります)

土台を組む

中台を乗せ、耐震用ステンレス棒を入れる

上台を乗せる

竿石を乗せる

ステンレス棒を入れる

完成

一本のもののステンレス棒をしっかりと固定する

 

動画

動画
 
   
<<石原石材株式会社>> 〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町字大池下443-300 TEL:0568-81-1261 FAX:0568-82-1857